Tesshinkan Logo

       H O M E

       Contact

     YouTube channel  YouTube channel

     pdf Tesshinkan Flyer  Tesshinkan Flyer


哲心館会長 哲心館会長

10 rules 琉球古武道哲心館訓十ヶ条

歴史 歴史

系統図 系統図

武器 武器

型 


道場 道場

DAN List 有段者名簿

日付 日付

セミナー情報 セミナー情報

試験 試験

competition rules 試合の規則


ニュース ニュース

download ダウンロード

okinawa guide 沖縄 –ミニガイドブック-

ショップ ショップ

リンク リンク

著作権関連 著作権関連

琉球古武道の主要な武器



Bo



Eku



Tinbe & Rochin



Nunchaku

棒-六尺棒 182cmの長さの棒で琉球古武道の武器の中でも、最も重要で最も握るのが難しいと言われています。棒は、剣と異なり、そのどの部分も刀となりえる千変万化の武器である。

釵(サイ) 一般的に鉄でできた三ツ又状のもので、二本一組で使用し、攻撃を防いだり、つきさしたりするものである。もとは、中国から沖縄に伝わったもので、昔から武器として使用されてきた。

エーク 櫂状の武器で、かつては沖縄の漁師が使用していた。櫂は手作りで、その大きさは、作る人によって異なる。実践的で破壊力の強い武器で、相手に砂を掛けて目をつぶし、直ちに攻撃に移る戦い方をする。

鋭利で曲がった鋼の刃と木製の持手でできた普及している鎌で、沖縄だけではなく、現在も様々な農業活動に利用されている。普通は、二本一組で使用する(二丁鎌)。

ティンベ(楯)とロチン(短い槍) これらは、もともとは農業や漁業の道具であった。楯は亀の甲羅や陣笠に似たような木で出来ているものが原型で、小型の楯である。短い槍は、対武器の防御攻撃に使用する。

鉄甲 これは、隠し武器の一つで、金属で出来た独自に馬蹄を改良して作られたものである。鉄甲は、手にはめて使用し、取っ手を合わせると楕円形になるように作られている。

ヌンチャク 前の時代までは、この武器は、脱穀や馬の道具として使用されていました。隠し武器の一つで、遠心力を利用した武器である。その本来の目的は、暴漢などに対して、その相手の攻撃力を弱め、相手を静めることである。取り扱いが難しい。

トゥンファ この武器は、もとは石臼の取っ手を取り外したものである。二本一組で使用し、八の字に回すと非常に強力な威力を発揮する。剣の攻撃も危なげなく防ぐことが出来る程である。操作が難しく、熟練度を要求される武器である。



Sai



Kama



Tekko



Tonfa